ここから本文です

ソニーから初のUltra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」登場――SACD再生にも対応して4万5000円前後

5/8(月) 11:51配信

ITmedia LifeStyle

 ソニーは5月8日、同社初となるUltra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」を発表した。6月24日に発売する予定で、価格はオープン。店頭では4万5000円前後になる見込みだ。

付属のリモコン

 4K対応のUltra HD Blu-rayをはじめ、Blu-ray Disc、DVD、SACD、DVD Audioなどのディスクメディアを再生できるユニバーサルプレーヤー。4K/60p対応のアップコンバート機能も備え、さまざまなコンテンツを4Kテレビで楽しめる。またHDMI出力は、映像と音声を個別に出力できる2端子を備えており、4K/HDR信号入力や著作権保護技術のHDCP2.2に対応していない古めのAVアンプにも接続可能だ。また内蔵のWi-Fiを使ってNetflixやYouTube、Amazonビデオの4Kコンテンツのストリーミング視聴にも対応した。

 ハイレゾ音源再生も可能。最大192kHz/24bitのリニアPCM音源(WAV、FLAC、ALACなど)に加え、DSDは最大11.2MHzまでサポート。しかもFLACやDSD、AIFFは5.1chまで、WAVの場合は7.1chまでのマルチチャンネル対応だ。CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にビット拡張とアップサンプリングを行う「DSEE HX」も搭載している。

 Bluetoothの搭載により、ワイヤレスヘッドフォンを使えば深夜でも気兼ねなく映画や音楽を楽しめるほか、新たにHDMIのARC(オーディオリターンチャンネル)を利用してテレビで視聴しているコンテンツの音源をワイヤレス出力することも可能になった。もちろんハイレゾ相当の情報量を伝送できるソニーのコーデック「LDAC」にも対応しているため、対応するワイヤレスヘッドフォンやスピーカーと組み合わせれば音質劣化の少ないワイヤレス伝送が行える。

 本体は天面に金属板を採用した光学ドライブや高剛性シャーシ構造など、音質に影響する振動を抑える設計を徹底。メインLSIの上に独自開発のフィンを付けたsfヒートシンクなどを使用することで、音質に影響する振動を極限まで抑えたという。外形寸法は430(幅)×50(高さ)×265(奥行き)mm。重量は3.8kg。

最終更新:5/8(月) 11:51
ITmedia LifeStyle