ここから本文です

【国内映画ランキング】「美女と野獣」興収100億突破に向け好調維持!「追憶」は4位スタート

5/8(月) 20:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 5月6日~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク最後の週末は、上位3作品が変わらず興行を牽引した。「美女と野獣」が3週連続首位を獲得。週末2日間で動員62万9000人、興収8億9300万円を稼ぎ、累計動員は473万1000人、興収は66億9600万円に達した。公開から16日間で興収60億円突破は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(最終興収116.3億円)と並ぶ記録で、最終興収100億円突破に向けて好調を維持している。

 「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」も2位をキープし、累計興収は53億9000万円を突破。3位の「ワイルド・スピード ICE BREAK」も累計興収が25億2000万円を突破し、それぞれシリーズ最高記録を持つ前作超えを狙っている。

 新作は3本がランクイン。岡田准一主演のヒューマンサスペンス「追憶」は、全国296スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員18万人、興収2億2700万円をあげて4位に初登場。この成績は、興収20億円を突破した岡田主演の前作「海賊とよばれた男」の興収比79.4%となっている。年配層を中心に集客しており、平日の興行が期待できることから、まずは15億円が当面の目標となりそうな出足となった。

 7位には、ドイツの人気ドラマを唐沢寿明と窪田正孝の共演でリメイクしたテレビドラマの劇場版「ラストコップ THE MOVIE」がランクイン。5月3日より全国283スクリーンで公開され、土日2日間で動員8万1000人、興収9600万円をあげた。映画業界初の試みで、全国の上映劇場でエンドロール終了後に、エンディング映像を10種類の中から1種類、週替わりでランダム上映する「サプライズ・マルチエンディング」(3週間限定)が実施されている。

 真島ヒロの人気漫画をアニメ化した「FAIRY TAIL」の5年ぶりとなる劇場版第2弾「劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY」は、全国101スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員4万2771人、興収5388万8700円の10位スタート。原作ファンやアニメファンを中心に若い層を強力に集客し、2日間全国で38回の満席回を記録した。

 なお、9位の「SING シング」はGW中も好調を維持し、公開8週目に動員数が400万人を突破、間もなく興収50億円に到達する。

最終更新:5/8(月) 20:00
映画.com