ここから本文です

ヤクルト・ドラ2星プロ初勝利「チームを勝たせられたのが一番良かった」

デイリースポーツ 5/8(月) 6:03配信

 「DeNA5-12ヤクルト」(7日、横浜スタジアム)

 ゴールデンウイーク最終日は記念すべき日となった。ヤクルトのドラフト2位・星(明大)が念願のプロ初勝利。先発2試合目でつかんだ1勝に「うれしい。チームを勝たせられたのが一番良かった」と満面に笑みを浮かべた。

 5点の先制援護を受けて上がった初回のマウンド。3四球など制球に苦しみ2点を献上。二回にも1点を許したが、三回以降は立て直した。5回91球、3失点で試合を作り、先輩の救援陣に後を託した。

 中継ぎで開幕を迎えたが、ローテ再編で先発入りのチャンスを得た。初先発の4月30日・巨人戦(神宮)は6回2失点。勝ち星こそつかなかったが、チームの勝利を呼ぶ好投に「自分の勝ちより、とにかくチームに勝ちがつけばいい」と謙虚な姿勢を崩さない。フォア・ザ・チームの精神は、この日も同じだった。

 最速156キロの本格派右腕は私生活では新人の初々しさを残す。休日の外出時は「寮から駅までバスです。本数も結構あって便利ですよ」と説明。友人らと遊びに出掛ける移動手段には専ら公共交通機関を利用している。

 試合後も真っすぐ最寄りの駅へと向かった23歳。初勝利を手にしてもなお、堅実な姿勢は変わらない。真中監督は「1勝できて良かった。でもまだ上を目指して欲しい」と“期待の星”にさらなる飛躍を促した。

最終更新:5/8(月) 7:30

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 22:35