ここから本文です

野村周平、黒島結菜&平祐奈への気遣いで大汗

映画.com 5/8(月) 22:00配信

 [映画.com ニュース] 河野裕氏の人気小説シリーズを実写映画化した「サクラダリセット 後篇」の公開直前イベントが5月8日、東京・丸ビルホールで行われ、主演の野村周平をはじめ、共演の黒島結菜、平祐奈、恒松祐里、及川光博が出席した。

【フォトギャラリー】野村周平、黒島結菜らが出席した舞台挨拶はこちら

 住人の半数が特殊能力を持つ閉ざされた街・咲良田を舞台にした青春ミステリー小説を、深川栄洋監督が2部作で実写映画化。体験したことは決して忘れない“記憶保持”の能力を持つ高校生・浅井ケイ(野村)と、世界を最大3日分巻き戻す“リセット”の能力者・春埼美空(黒島)が、咲良田の未来に関わる重大な計画を阻止しようと奮闘する姿を描く。

 後編は、ケイと「管理局」対策室室長・浦地正宗(及川)の直接対決が軸となる。及川と共演した感想を問われた平は、「屋上で対決するシーンがすごく楽しかったです!」とニッコリ。これに対し及川が、「彼女は大物です。緊張しているように見えない」と絶賛すると、野村も「監督に指示されて『はい! わかりました!』ってあんなに笑顔で返す人は見たことがない。普通は、『ちょっとやってみます』なんですけど、『そういうこともあるんですね~』みたいな(笑)」と同調する。

 さらに、「あんなに楽しそうに演じるのはすごい。泣きの芝居も楽しそうにやっていた。笑いながら泣いたりしなきゃいけなかったしね? だからあれは平ちゃんにしかできない役」(野村)、「夜中の撮影を2時とか3時までやっていたんです。こっち(平)はずっときゃっきゃしているけど、こっち(及川)は生きるシカバネみたいだった。天使のようでしたね」(及川)と続ける。だが、野村は途中で黒島の視線に気づき、「黒島ちゃんも天使なんだけどね」と慌ててフォロー。すかさず、「急に!」「慌ててるよ!」とツッコミが入り焦る野村に対し、及川は「みんな天使だよ。僕もね」と絶妙なフォローを入れていた。

 10~20代前半の若手俳優が結集した本作。「唯一の昭和生まれ(笑)」だという及川が、「とにかく若者たちがキラキラしていた。黙っているだけでも絵が持つ。きれい。みんな美しく生まれてきてよかったね」と称賛すると、野村は「本当なんですよ。寄りに耐えられる!」とドヤ顔を決め、笑いを誘っていた。「サクラダリセット 後篇」は5月13日から全国公開。

最終更新:5/8(月) 22:00

映画.com