ここから本文です

【Bリーグ】A東京が地区2位でCS進出…琉球、千葉も

スポーツ報知 5/8(月) 7:03配信

◆プロバスケットボールB1リーグ最終節 A東京78―52秋田(7日・CNAアリーナ★あきた)

 レギュラーシーズン最終戦が行われ、西地区は琉球が28勝31敗で並んでいた大阪を80―72で破り、プレーオフのチャンピオンシップ(CS)進出を決めた。東地区のA東京は秋田に78―52で快勝し、44勝16敗で同地区2位を確保した。千葉は北海道を下して勝敗でA東京と並んだが、当該対戦の得失点差で3位となりワイルドカードでのCS進出。8チームが出場するCS準々決勝は13日に始まり、決勝は27日に東京・国立代々木競技場で行われる。

 A東京は秋田を26点差で退けてCS準々決勝のホーム開催を決め、竹内譲は「負けられない試合だった」と納得の表情を浮かべた。今季はシーズン途中で外国人選手が入れ替わったが、徐々に歯車がかみ合いつつある。元NBA選手のチルドレスを擁する三遠とのCS初戦に向けて弾みをつけ、竹内譲は「守備でも貢献して相手を気持ちよくプレーさせない」と力を込めた。

最終更新:5/8(月) 8:24

スポーツ報知