ここから本文です

【Bリーグ】栃木・田臥と千葉・富樫がプレーオフに向けて意気込み

東スポWeb 5/8(月) 17:13配信

 昨年9月に開幕したプロバスケット「Bリーグ」のプレーオフの概要会見が8日、都内で行われた。

 60試合のリーグ戦が7日に終わり、トーナメントで行われるプレーオフに勝ち進んだのは、3つに分かれた地区の1位チームなど全8チーム。1回戦(準々決勝)の注目カードは日本人唯一のNBA(米プロバスケット)選手、田臥勇太(36)が所属する栃木ブレックスと、人気ナンバーワンの富樫勇樹(23)を擁する千葉ジェッツの一戦だ。

 両チームは今シーズン、リーグと天皇杯で合計9回顔を合わせ、4月29、30日にも対戦したばかり。4月の連戦はアウェーの千葉が連勝。「お互いよく知ってるので難しいけど、いい試合を」と富樫が言えば、今回もホームで迎え撃つ田臥は「しっかり準備をしないといけない」と気を引き締めた。

 プレーオフは準々決勝と準決勝が2戦先取。ファイナル(決勝)は、27日に東京・代々木第一体育館での一発勝負で行われる。

最終更新:5/8(月) 18:24

東スポWeb