ここから本文です

福山通運の専用貨物列車、名古屋~福岡間でも運行…トラック運転手不足に対応

レスポンス 5/8(月) 18:15配信

JR貨物は5月8日から、名古屋貨物ターミナル(名古屋市中川区)~福岡貨物ターミナル(福岡市東区)間で福山通運の専用貨物列車『福山レールエクスプレス号』の運転を始める。

[関連写真]

『福山レールエクスプレス号』は2013年3月、東京~大阪間で1往復が運行を開始。2015年3月からは東京~福山間でも1往復が運行されるようになった。名古屋~福岡間は3往復目になる。

JR貨物と福山通運の発表によると、運行時刻は下りが名古屋貨物ターミナル23時28分発~北九州貨物ターミナル10時41分着~福岡貨物ターミナル12時47分着。上りは福岡貨物ターミナル22時51分発~北九州貨物ターミナル0時46分発~名古屋貨物ターミナル12時40分着になる。

列車は15両編成(31フィートコンテナ30個)で、このうち4両は名古屋貨物ターミナル~北九州貨物ターミナル間のみ連結する。これにより、福山通運は大型トラック60台分を鉄道輸送に切り替える。

JR貨物と福山通運の2社は『福山レールエクスプレス号』の輸送力強化により、近年のトラックドライバー不足への対応や二酸化炭素(CO2)排出量の削減を図る。専用貨物列車3往復の運行で年間のCO2排出量を6万9890t削減できるという。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:5/8(月) 18:15

レスポンス