ここから本文です

ローマが敵地で4発快勝…ミランは4戦勝利なしで、EL出場権遠のく/セリエA第35節

GOAL 5/8(月) 6:33配信

■セリエA第35節 ミラン 1-4 ローマ

ミラン:パシャリッチ(76分)

ローマ:ジェコ(8分、28分)、エル・シャーラウィ(78分)、デ・ロッシ(87分)

セリエA第35節が7日に行われ、ミランとローマが対戦した。試合はアウェーのローマが4-1で勝利している。

早々に試合は動く。8分、ローマのFWエディン・ジェコがモハメド・サラーとのパス交換から、最後は右足でゴールを陥れる。ペナルティーエリア右手前から放たれたシュートは弧を描き、ジャンルイジ・ドンナルンマの手に阻まれることなく、ネットを揺らした。

1点ビハインドとなったミランは、反撃を開始。ローマGKヴォイチェフ・シュチェスニーにセーブを強いるシーンを増やしていく。しかし、次のスコアを動かしたのもローマ、28分、コーナーキックからジェコが得意のヘディングで豪快に沈めた。

前半を2点リードで終えたローマは、アウェーながらミランを圧倒。76分にマリオ・パシャリッチのゴールで1点を失うも、その2分後に3点目を挙げる。ジェコが頭で落としたボールにステファン・エル・シャーラウィが右足でファーサイドへと決めてみせた。古巣相手のゴールだったため、笑顔を見せていない。

止めは87分、ダニエレ・デ・ロッシがPKを落ち着いて決めて、4点目。ローマが圧倒して勝ち点3を手にした。ミランMF本田圭佑に出場機会は訪れていない。

勝ち点3を積み上げたローマは2位を守り、辛うじて逆転優勝の可能性を理論上は残している。一方のミランは、4試合勝利なしで、5位アタランタとの勝ち点差は6となった。

GOAL

最終更新:5/8(月) 6:33

GOAL