ここから本文です

R・スコット監督、エイリアン最新作で「より大きな宇宙」描く

ロイター 5/8(月) 11:55配信

[ロンドン 6日 ロイター] - SFホラー映画「エイリアン」シリーズの最新作「エイリアン・コヴェナント」の公開が近づくなか、リドリー・スコット監督は6日、最新作は「より大きな宇宙」に向かっていると語った。

スコット監督はロイターに対し、シリーズ6作目となる最新作について「1作目からの多くの問いに答えるべきだと思った」とコメント。「ただモンスターが人間を追いかけるよりもずっと面白い方法で、より大きな宇宙を開くことが可能になる」と述べた。

最新作にはマイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップらが出演している。

同作品は英国で12日に封切られ、翌週に米国で公開される予定。日本公開は9月15日。

最終更新:5/8(月) 11:55

ロイター