ここから本文です

Google、デスクトップ向け「Chrome 58」の脆弱性を修正

5/8(月) 13:14配信

ITmedia エンタープライズ

 米Googleのデスクトップ向けWebブラウザ安定版「Chrome 58」のセキュリティアップデートが、5月2日付でWindowsとMac、Linux向けに公開された。数日から数週間かけてユーザー向けに配信される。

【修正の詳細はブログで確認できる】

 Googleによると、最新バージョンとなる「Chrome 58.0.3029.96」では外部の研究者が発見した1件の脆弱性を修正した。脆弱性は、WebRTCにおける競合状態に起因する。

 危険度はGoogleの4段階評価で上から2番目に高い「高」に分類されている。このレベルの脆弱性を悪用された場合、特定の条件下で任意のコードを実行されるなどの恐れがある。発見者には500ドルの賞金が贈呈された。

 なお、現在64ビット版のWindowsで32ビット版のChromeを使っている場合、メモリが4Gバイト以上あって自動更新を有効にしていれば、今回のアップデートの間に64ビット版のChromeに切り替わる。これは安定性とパフォーマンス、セキュリティを向上させる目的だとGoogleは説明している。Chromeのダウンロードページでは32ビット版の提供も継続する。