ここから本文です

サカナになって探検だ! 東京ディズニーシー「ニモ&フレンズ・シーライダー」を一足先に体験してきた

ねとらぼ 5/8(月) 15:01配信

 2017年5月12日、東京ディズニーシーに最新のアトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンします。ポートディスカバリーという未来の港にて、新たに存在が明らかになった海洋生物研究所では、どんな最新技術が使われているのでしょうか? 今回はオープンに先駆け、海の中の世界を体験できる「Marine Life Institute」に潜入してきました!

【「ストームライダー」があった場所】

●超最新マテリアル「チヂミニウム」で縮んだら、そこはニモたちの世界!

このアトラクションは、海洋生物研究所の科学者たちが開発した、電気を通すと収縮するという「チヂミニウム」でできた潜水艦「シーライダー」に乗って、魚サイズになって楽しむライドです。そしてその海の中には、ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」「ファインディング・ドリー」に登場したニモやドリーたちと出会い、一緒に泳ぐことができるというもの。

 この冒険では、「人工フィッシュ知能」を搭載したシーライダーが主役。本物の魚のような動きが、操縦士なしでもできるという優れもの。そしてこのアトラクションに登場するのは、ニモやドリーだけでなく、映画「ファインディング・ドリー」に登場した新たなキャラクター、タコのハンクやジンベエザメのディスティニー、シロイルカのベイリーにも会えるかも。乗るたびに新たな出会いがあるんです。

 アトラクションの映像は、ピクサー・アニメーション・スタジオで映画製作に携わっているスタッフがこのために作ったもので、映画の世界がそのまま再現されています。ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーで、ファインディング・ニモシリーズの製作総指揮を務めたジョン・ラセター氏も熱いメッセージを寄せています。

 残念ながら、アトラクションで体験できる冒険の内容はここでは書けません。でも、その体験はまるでファインディング・ニモの新しい短編を見ているかのよう! 乗り終えたらあなたもきっと、ジョン・ラセター氏のような笑顔になっているはずです。

●実はこちらもリニューアル「タートル・トーク」に新キャラ登場

 そして東京ディズニーシーとファインディング・ニモといえば、大きな豪華客船、S.S.コロンビア号の中にある「タートル・トーク」も忘れてはなりません。映画に登場するウミガメ、クラッシュと会話が楽しめるこのアトラクションに、2017年5月12日からは新たに「ファインディング・ドリー」に登場したキャラクターたちがやってきます。がらりと変わった内容は、もはや新アトラクションといってもいいかもしれません。みんな、サイコーだぜ!

●新グッズに新メニューも見逃せない、そして「空飛ぶ海中シーライダー号」も登場!?

 もちろん、これらのアトラクションの登場を記念したグッズ約55種類や、見た目も楽しいメニューが登場します。特に一部グッズはオープン記念の特別なもので、オープンした日付がはいったもの。ぜひチェックを!

 さらに注目は、東京ディズニーシーへ向かうために乗るディズニー・リゾートライン(モノレール)。パープルの車両に乗るあなたは本当にラッキー。この車両には「ニモ&フレンズ・シーライダー」の登場を記念し、車外にラッピングが施されています。

 実はそれだけではありません。この車両の“中”に注目。なんとそこは、まるで海の底。ファインディング・ニモシリーズに登場するさまざまなキャラクターたちが、あなたを外から観察しているようですよ。

 普段は空飛ぶ旅のようなディズニー・リゾートラインが、このニモ&フレンズ・ライナーだけは海底を旅するような体験になります。このニモ&フレンズ・ライナーは2017年5月8日から11月26日までの期間限定運行。ぜひ、お見逃しなく。

●東京ディズニーシーならではのアトラクションの登場、皆さんの反応は?

 このアトラクションは、世界でもここ、海をテーマにした東京ディズニーシーだけにしかないオリジナルのアトラクション。実はこのアトラクション、東京ディズニーシーオープン当初から存在していたアトラクション「ストームライダー」があった場所です。

 このアトラクションが存在するテーマポート「ポートディスカバリー」は“自然と科学の調和”を世界観として作られています。実は上記のストームライダー終了、そして新たな「ファインディング・ニモ」のアトラクションが作られるという発表があったときには、続編である「ファインディング・ドリー」のシナリオが全く明らかになっていないタイミングでした。ファインディング・ドリーを見たときに、劇中に「Marine Life Institute」を見て驚きました。これはポートディスカバリーにぴったりじゃないかと!映画の世界を、実際に体験できるのです。

 東京ディズニーリゾートだけでなく、世界のディズニーテーマパークは、創設者であるウォルト・ディズニーの哲学である「ディズニーランドは永遠に完成しない。この世界に想像力が残っている限り、成長し続ける」という思想が根付いています。私自身はストームライダーをはじめ、東京ディズニーリゾートで古くから存在する、思い出のアトラクションたちがなくなるのは大変残念なことだと思っていますが、それ以上に今回のような最新の技術を使い、既存のテーマやストーリーをフル活用した、新たな体験ができるということのほうが楽しみです。

 2020年に向けて、東京ディズニーリゾートは大きく変化しつつあります。実は2020年の大規模拡張のそのまえに、東京ディズニーシーでは2019年度に「ソアリン(仮)」が登場する予定です。こちらも本当に楽しみ。その前に、ぜひニモたちの世界へ、みんなで“縮みに”行ってはいかがでしょうか?

最終更新:5/8(月) 15:01

ねとらぼ