ここから本文です

モバイルバッテリーやLightningケーブルに偽造品 アンカーが注意喚起

5/8(月) 16:25配信

ITmedia Mobile

 アンカー・ジャパンは、5月8日に同社製品を模倣した偽造品ついて注意喚起を行った。

【偽造品との違い:端子の向きと色】

 同社製品を模倣した偽造品はAmazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部店舗で確認されており、Ankerの商標などを不正に表示している。18カ月保証を利用できるのは正規販売店から購入した場合に限られ、カスタマーサポートでの保証対応は行わないため購入時に販売店を十分確認するよう呼び掛けている。同社のオンライン直販店はAnkerDirect(Amazon店)、アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)、AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)。

 偽造品が確認できている製品は「Anker PowerCore 20100(メーカー型番:A1271012)」「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m(メーカー型番:A8111021)」。Anker PowerCore 20100については、「Input」「IQ」のフォントや端子の向きと色、底面マークの印字と縁の材質、トラベルポーチにきちんと収納できないといった事例が報告されている。

 また、Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9mは端子の形状が異なり、「PowerLine」やシリアルナンバーの印字の有無に加え、偽造品の方がケーブルが太く、より白くなっている。この他、パッケージの表示・レイアウトやカスタマーサポートに関するマニュアルの表記も異なっている。

最終更新:5/8(月) 16:25
ITmedia Mobile