ここから本文です

【ヴィクトリアM馬体診断】ウキヨノカゼ

デイリースポーツ 5/8(月) 16:23配信

 「ヴィクトリアマイル・G1」(5月14日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】ヴィクトリアマイル馬体診断

 【ウキヨノカゼ=評価B】

 首差しが厚く、前肢が勝っている分、トモが薄く映るのは体形的なもので、腰の高いつくりでもあり、これが当馬のバランス。これまで2度の長期休養があり、大事にレースを使われてきたこともあってか年齢を感じさせない張りのある肌質を保てている。間隔は詰まった臨戦過程の分、ガタッとくることが心配だった分、ゆったりとした腹回りを見ると1週前としてはむしろ好印象のつくり。好調キープとみたい。(馬サブロー栗東・石堂道生)

 〈1週前診断〉美浦坂路で4F55秒2-40秒4-12秒7(馬なり)。レースを使ったばかりとあって単走で軽め。折り合いはスムーズで、最後までしっかりとした脚取りだった。

最終更新:5/8(月) 23:06

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ