ここから本文です

大韓サッカー協会長 FIFA理事に選出

聯合ニュース 5/8(月) 20:35配信

【ソウル聯合ニュース】大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が、国際サッカー連盟(FIFA)理事に選出された。

 鄭氏は8日、バーレーンで開かれたアジアサッカー連盟(AFC)総会で2年任期のFIFA理事に選出された。

 AFCの男性委員は3席が割り当てられているが、候補者が3人だったため無投票で当選が決まった。

 鄭氏は2015年のFIFA理事選で日本サッカー協会の田嶋幸三会長、マレーシアサッカー協会のアブドラ会長に敗れ落選しており、再挑戦での当選となった。

 鄭氏が理事に選出されたことでFIFAの主な政策決定に加わることができるようにより、世界のサッカー界における韓国の立場がさらに高まることになった。

 鄭氏は「再挑戦の末に当選して非常にうれしい。応援してくださったすべての方に感謝申し上げる」とし、「国際舞台で韓国サッカーの影響力と外交力を高めることに最善を尽くす。合わせてアジアのサッカーの発展の可能性が現実につながるようにFIFAで率先して声を出す」と話した。

 鄭氏のほかに中国サッカー協会の張剣副会長、フィリピンサッカー協会のバラネタ会長が理事に選ばれた。

 FIFA理事はこれまでの25人から37人に増えたことにより、アジアの理事数も4人から7人に増えた。

 女性理事1人枠をめぐっては北朝鮮サッカー協会のハン・ウンギョン副会長が立候補し、南北同時選出が期待されたが、ハン氏が直前に辞退したことで実現しなかった。

最終更新:5/8(月) 21:26

聯合ニュース