ここから本文です

【ヴィクトリアM馬体診断】ミッキークイーン

デイリースポーツ 5/8(月) 16:24配信

 「ヴィクトリアマイル・G1」(5月14日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】ヴィクトリアマイル馬体診断

 【ミッキークイーン=評価A】

 ハードに追われて力感を感じさせた1週前追い切り。この写真はその前日に撮られたものだ。全体的なフォルムはスカッとしてトモのボリュームが足りない印象だが、ビシッとケイコをやったことで筋肉が膨らめばちょうどいいシルエットになりそうだ。昨年のG1はヴィクトリアマイル、エリザベス女王杯、有馬記念を使われたが、その中では有馬記念に似た雰囲気だ。阪神牝馬S→本番は昨年同様だが、かなりふっくらと仕上げられた昨年に比べると今年は研ぎ澄まされている。目つきや耳などから受ける印象も馬がシャキッとしており、高速馬場に対応するための仕上げに思える。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前診断〉栗東CWで6F83秒5-38秒6-11秒8(一杯)。ビ-トフォ-セ-ル(3歳未勝利)を0秒8追走して0秒5先着。前走で仕上がっていたため馬体面に変化はないが、ラストの反応に鋭さが増した感。気配も前走時以上で、叩いた効果は十分だ。

最終更新:5/8(月) 18:39

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ