ここから本文です

【山形】シュート敵軍の倍14本も2戦連続のドロー

スポーツ報知 5/8(月) 8:03配信

◆明治安田生命J2リーグ 第12節 山形0―0名古屋(7日・NDソフトスタジアム山形)

 モンテディオ山形はホームで名古屋に0―0で引き分け、2試合連続でスコアレスドロー。3試合連続無得点となった。シュート数は敵軍の7本に対し、山形は倍の14本と攻め込んだが、ゴールは決まらず。リーグ戦4試合連続白星なしとなった。

 MF風間宏希(25)は、名古屋を率いる父・八宏監督(55)と初めての父子対決に挑んだ。「試合前は成長を見せたいと思ったけど、試合に入ったら無我夢中だった」と、持ち前の鋭いパスを生かしてチャンスを演出。自身もペナルティーエリア手前からシュートを放つなど、積極的にゴールを狙うも、決定打は生まれず。“父討ち”を果たすことはできなかった。

 勝ち点1を積み上げたが、順位は15位から16位に後退。宏希は「カウンターがはまった場面もあったし、勢いの出る試合」と前を向いた。次戦のアウェー・金沢戦(13日、石川西部)に向け「もっとゴールに向かっていければ」と、結果を追い求めていく。(守田 力)

最終更新:5/8(月) 8:03

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合