ここから本文です

【Bリーグ】秋田、堅守崩せずA東京に完敗、13日から残留POへ

スポーツ報知 5/8(月) 8:03配信

◆プロバスケットボールB1リーグ第32節 A東京78-52秋田ノーザンハピネッツ(7日・CNAアリーナ★あきた)

 東地区5位の秋田ノーザンハピネッツは、同2位のアルバルク東京に52―78で完敗。18チーム中16位でレギュラーシーズンを終えた。13、14日に行われる残留プレーオフ(PO)1回戦(CNAアリーナ★あきた)では、中地区6位(全体17位)横浜ビー・コルセアーズと対戦する。全体最下位が既に決まっていた仙台89ERSは、東地区1位の栃木ブレックスに57―75で敗退。残留PO1回戦は、中地区5位(全体15位)の富山グラウジーズ(富山市総合体育館)と対戦する。

 得点源のパワーフォワード、レオ・ライオンズ(30)が体調不良で欠場。シューティングガード・田口成浩主将(27)が3点シュートを4本決めるなど、気を吐いたが、堅守のA東京を崩しきれなかった。「今日はうまく攻めることができなかった。これからは絶対に負けられない」と悔しさを押し殺した田口主将は、3602人の観衆を前に「最後は笑って終われるようにしますので、もう一度、僕たちに力をください」と訴えた。

最終更新:5/8(月) 8:03

スポーツ報知