ここから本文です

Twitterで「AV Watch」がトレンド入り そのワードに別の期待を寄せた紳士たちがざわつく事態に

ねとらぼ 5/8(月) 22:30配信

 Twitterにて「AV Watch」がトレンドに入り、その言葉を本来の形とは別の意味でとらえた紳士たちが現れ、Twitter上が一時ざわつく事態となっていました。

【トレンド入りしたAVwatch】

 インプレスが運営するサイト「AV Watch」は、主に“AV(オーディオビジュアル)機器”に関する情報を扱うメディア。しかしTwitterではそのトレンドワードを見慣れないユーザーが“AV”をセクシーな方の略語だと誤解し、期待してツイートを見た後に「だまされた……」「完全に釣りじゃねぇか!」と反応する流れが拡大。

 これによりツイートも増え、しばらくトレンド入りが続き、ついにAV Watchの公式Twitterが「AVは一応オーディオビジュアルの略語です」と説明をツイート。これにシャープ公式も「AV Watchさんには業務上、日ごろからお世話になってます」と、日ごろAVを扱う電機メーカーも反応し話題になっていました。

 Twitterでは誤解したユーザーが多いことに「一般的にオーディオビジュアルの略と知らない人多いのね」と驚く人の声も上がっていて、世間での「AV機器」という言葉の認知度が下がっている可能性を指摘する声も。「世間一般では『AV』=『Adult Video』なのね」と紳士な意味の方が定着しているとする声もみられました。

 なお、元々「AV Watch」がトレンドに入った理由は現在ぼやけてしまっていますが、当日5月8日にはソニーから初の「Ultra HD ブルーレイプレーヤー」や、4Kの有機ELテレビが発表され話題になっていたことが発端だと思われます。

最終更新:5/8(月) 22:30

ねとらぼ