ここから本文です

立正大開幕7連勝でV王手 ドラフト候補・小畑が先制打

デイリースポーツ 5/8(月) 18:09配信

 「東都大学野球2部、立正大2-1駒大」(8日、大田スタジアム)

 立正大が接戦を制して開幕7連勝。優勝に王手をかけた。

 今秋ドラフト候補の小畑尋規捕手(4年・北照)が、四回に先制の右前適時打。リード面でも、1失点で完投した鈴木友也投手(3年・越ケ谷)をアシストした。

 「バントを失敗していたので何とか返さないとと思っていた。打ててよかった」と先制打を振り返った小畑。昨春は開幕7連勝からエース・黒木(現オリックス)が負傷離脱後に連敗し、優勝を逃した。今季は「連勝している中でも気を抜かず、いかにレベルアップしていくかという声がチームで出ている」とスキはない。

 9日の2回戦に勝てば、優勝が決まる。経験豊富な司令塔は「1部に上がるんだと、みんな口にしている。何とか達成して去年の先輩の分までやっていきたい」と力を込めた。

最終更新:5/8(月) 18:18

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 6:10