ここから本文です

スプリント数トップは神戸の高橋峻、広島のMF柏も3位にランクイン

スポーツ報知 5/8(月) 10:09配信

 明治安田生命J1リーグ第10節は5、6、7日に各地で行われた。Jリーグが公式サイトで発表するスプリント(時速24KM=キロメートル、以上の走り)数は今節は鹿島に敗れた浦和が180本でトップ、2位が鳥栖の174本、3位がG大阪、神戸の173本だった。個人では神戸の右サイドバック、高橋峻希が35本でトップ。2位の松橋(甲府)までが30本超えだった。広島MF柏も28本で3位。個人のスプリント数10傑は次の通り。

 (1)35 DF高橋峻希(神戸)対広島

 (2)31 DF松橋優(甲府)対磐田

 (3)28 MF柏好文(広島)対神戸

 (〃)28 DF丸橋祐介(C大阪)対柏

 (5)27 MFマルティノス(横浜M)対鳥栖

 (〃)27 FW工藤壮人(広島)対神戸

 (〃)27 FW伊東純也(柏)対C大阪

 (8)26 FW豊田陽平(鳥栖)対横浜M

 (〃)26 MF中川寛斗(柏)対C大阪

 (〃)26 FWクリスティアーノ(柏)対C大阪

 (〃)26 MF田中佑昌(甲府)対磐田

※カッコ内は所属

最終更新:5/8(月) 10:09

スポーツ報知