ここから本文です

【POG】「ダービー狙う馬を買ってきた」のダイワキャグニーは?注目馬の次走取捨

スポーツ報知 5/8(月) 11:53配信

【ダイワキャグニー1着=5月6日、プリンシパルS、東京・芝2000メートル】

 15年のセレクトセールにおいて1億500万円で落札。新馬、セントポーリア賞を連勝し、2番人気に支持された前走の報知杯弥生賞では9着に敗れた。今回は仕切り直し、かつ日本ダービーへ、あとがない一戦。単勝3・3倍、1番人気。

【写真】初めてG1制覇した菊沢調教師

 道中は4番手追走。直線に入って一気に仕掛けると、馬場の真ん中を力強く伸びた。残り200メートルで先頭に立つと、追いすがるレッドローゼスに2馬身半差をつけ、ゴールに飛び込んだ。勝ち時計はレースレコードの1分58秒3。

 北村宏は「東京は上手に走れる」とコメント。菊沢調教師は「テンションが高い馬だが、だいぶ落ち着いてきた。時計が速かったので、しっかり疲れを取って本番に臨みたい」と中2週での日本ダービーへ意欲を見せた。

 これで東京は3戦3勝。いずれも好位からの抜け出しと取り口も安定している。本番と直結しないプリンシパルS組ではあるが、2010年のルーラーシップが作ったレコードを0秒8更新した時計は優秀。大きなスケールを感じさせる馬で、今年の牡馬勢相手なら格負けしないのではないか。菊沢厩舎はNHKマイルC(アエロリット)を制し、勢いに乗る。課題であるテンションさえ上がらなければ、本番でも不気味な存在だ。

 以前、増沢末夫元調教師を取材したとき「(ダイワの)大城オーナーとダービーを狙う馬を買ってきた」と話していたのがこの馬。有言実行、その相馬眼は敬服に値する。(大上 賢一郎)

【次走期待値〇】※評価は◎、〇、▲、△、…の5段階

最終更新:5/8(月) 12:03

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ