ここから本文です

加藤浩次 不祥事注意報発令 不倫とタクシー「アベンジャーズ」は傷つけられない

デイリースポーツ 5/8(月) 20:34配信

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(48)が8日、都内で、米映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(12日公開)の「全員なりきり!プレミア・イベント」に登場し、不祥事注意報を発令した。映画は「アイアンマン」などを生み出した米マーベル・コミック作品の実写化。加藤は2014年公開の第1作に続き、日本語吹き替え版で凶暴なアライグマ・ロケットの声優を担当した。この日はアライグマの特殊メークで登壇した。

【写真】加藤浩次、ココリコ田中から「1週間前に連絡あった」

 司会者が、同作のキャラクターが2018年公開予定の「アベンジャーズ」シリーズの新作に登場することを発表すると、加藤は「来ましたね」とニンマリ。「来年(声優を)やらせてもらうことになると思うので、不祥事には注意したいですね」と自らと合わせて共演の山寺宏一(55)、遠藤憲一(55)、秋元才加(28)を戒めた。

 さらに「不倫、タクシーには気を付けましょう」と具体的な注意点も挙げた。昨年から芸能人の不倫騒動が連発中。また、後輩のNON STYLE・井上裕介(37)がタクシーとの接触事故で謹慎するなど具体例には事欠かない状況だ。司会を務める日本テレビ系の情報番組「スッキリ!!」(月~金曜、前8・00)で何度も不祥事・謹慎を報じてきただけに、作品に傷を付けるのだけは避けたいようだった。

 この日は加藤とともに、山寺、遠藤、秋元もそれぞれ劇中で声を担当したキャラクターのコスプレで登場。顔の下に小さなボディをぶら下げた遠藤の姿に観客は大ウケだった。

最終更新:5/8(月) 22:41

デイリースポーツ