ここから本文です

アドマイヤデウス、今秋豪州遠征へ!11月のメルボルンCが大目標

スポーツ報知 5/9(火) 6:03配信

 天皇賞・春で4着だったアドマイヤデウス(牡6歳、栗東・梅田厩舎)が今秋、豪州遠征を行う方針であることが分かった。管理する梅田調教師が8日、明らかにした。大目標をメルボルンC・G1(11月7日、フレミントン競馬場・芝3200メートル)に置き、前哨戦を現地のコーフィールドC・G1(10月21日、コーフィールド競馬場・芝2400メートル)にするか、国内で行うかは未定。現在は栗東近くのノーザンファームしがらきへ放牧に出されているが、今週中にも北海道のノーザンファームへ。宝塚記念・G1(6月25日、阪神)には出走しない。

 梅田厩舎は14年に管理していたアドマイヤラクティが14年のコーフィールドCでG1初制覇を果たしたが、続くメルボルンCでは最下位22位で入線。レース後に突然の死を遂げた。「春にレースを使うことはありません。コーフィールドCは(本番まで)中1週の間隔になるしハンデ戦でもあるから、その辺をこれから考えていきたい」と梅田師。今後はじっくりと英気を養い、先輩のラクティが届かなかったビッグタイトルを狙いにいく。

最終更新:5/9(火) 6:03

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ