ここから本文です

紗羅マリー、初映画「ニワトリ☆スター」で壮絶演技

スポーツ報知 5/9(火) 6:03配信

 人気モデルの紗羅マリー(30)が来年公開の映画「ニワトリ☆スター」(かなた狼監督)でヒロインを務めることが8日、分かった。覚醒剤依存に苦しむシングルマザーという難役に挑む。

 13歳から「ニコラ」「PS」「ViVi」などの人気ファッション誌でモデル活動を続けてきたが、今作が映画初出演。「台本を開いたことも、自分以外の人間の名前を名乗る、ということも全てが初めての挑戦でした。見たこともない私をみてもらえると思います」と自信をのぞかせている。

 マリフアナの密売など裏社会に接しながら、その日暮らしで共同生活を送る2人の親友が迎える対照的な運命を描く物語で、俳優の井浦新(42)、成田凌(23)がダブル主演。紗羅は、成田が演じる主人公と人知れぬ深い縁を持ち、未婚の母として夜の仕事をしながら生きている謎の女性役を演じた。

 撮影は昨年8月に行われたが、覚醒剤をあぶって吸引するシーンにも臆せず臨んだ。役作りのため、オファーが来てすぐにダイエットを始めたそうで「何が正解なのかわからず、自分との闘いでしたが、監督も、スタッフのみなさんもみんな一緒に戦ってくれたので輝くことができたと思います。いろんな愛を感じてください」と公開を心待ちにしている。

 7月2日~8月6日に東京・日比谷のシアタークリエで上演される舞台「RENT」にも出演する。

最終更新:5/9(火) 6:03

スポーツ報知