ここから本文です

【阪神】金本監督、秋山にかける6連勝「どれだけ投げ合えるか」

スポーツ報知 5/9(火) 6:04配信

 6連勝を目指す阪神・金本知憲監督(49)は8日、3戦連続完封中の菅野攻略を半ば諦めつつ、先発する秋山拓巳投手(26)に奮起を促した。「どれだけ投げ合えるか。負けないぞ、という気持ちを持って投げてくれるか。そっちの方が楽しみ。対抗できると思うし、だからこそ投げ勝ってほしい」と、巨人戦7年ぶりの白星を狙う右腕に“番狂わせ”を熱く期待した。

 甲子園で広島に3タテを食らわせ、首位に立っての東上。だが、指揮官の口からは打倒・菅野への強気な言葉は意外なほどに出なかった。「難しいと思う。攻略までは…。2点取れれば御の字じゃないですか、ずっと0点に抑えて絶好調の投手から。攻略というのは4、5点取ることでしょ。それはなかなか」と、昨季の対戦防御率が0・60の天敵を打ち崩すことは、高望みだと受け止めた。

 だが、2点以内のロースコアに抑えての勝利を諦めたわけではない。秋山は新人時代の2010年に4勝を挙げたが、翌年から6年間で2勝と低迷。崖っぷちの今季は開幕からローテを守り、1勝2敗ながら防御率2・81。金本監督にも、覚醒しつつある今なら…との思いがあるはずだ。

 秋山は甲子園で最終調整。宿敵のエースと初めて投げ合うことに「見て学ぶこともできれば」と敬意を表しつつ「(監督に)投げ勝ってほしいと言ってもらえて勇気をもらえた」と瞳を輝かせた。6日には球団史上初の9点差逆転勝利を挙げ、菅野にまで初黒星をつければ、猛虎の勢いが止まらなくなる。(島尾 浩一郎)

最終更新:5/10(水) 3:06

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 4:15