ここから本文です

村田、軽快4Rスパー「戦う準備できた」臨戦態勢に

スポーツ報知 5/9(火) 6:04配信

 軽快な動き ボクシング2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBA同級2位の村田諒太(31)=帝拳=が、臨戦態勢に入った。都内の所属ジムで8日、同級暫定王者(1位)アッサン・エンダム(33)=フランス=との王座決定戦(報知新聞社後援)に向け、4回のスパーリングを消化した。

 得意の右をクリーンヒットさせるなど、軽快な動きを見せた村田は「初回は硬かったが、2回目からはいい感じにできるようになった。もう戦う準備はできたかなと思う」と満足げな表情。体重もリミットの72・5キロまで3キロを切っているといい「いつでも(体を)つくれる」と自信を見せた。

 ただ、冷静に自らを分析もしている。動きが硬かった初回の出来を反省し「(エンダムは)初回に強い。そこでパンチをもらったらアホなんで、様子の見方も考えないといけない。はじめから柔らかさを出せるように」と課題も挙げていた。

最終更新:5/9(火) 6:04

スポーツ報知