ここから本文です

須崎、国際大会V3へ翼授かる!?

スポーツ報知 5/9(火) 6:04配信

 レスリングの日本女子代表が8日、アジア選手権(10~14日)が行われるインド・ニューデリーへ成田空港から出発。国際大会を連続優勝中の48キロ級の新星、須崎優衣(17)=東京・安部学院高=は、レッドブルパワーで世界選手権(8月・パリ)金メダルへ飛躍する。

 忘れずに持参したのは「翼をさずける」がキャッチコピーの栄養ドリンクのレッドブル2本。「試合の前に飲むとヤル気が出る。翼? はえますね」と笑った。世界選手権の代表選考会を兼ねる6月の全日本選抜選手権は、同階級でリオ五輪金メダリストの登坂絵莉(23)=東新住建=が左足リハビリのため欠場。須崎の初の世界選手権代表入りが有力だ。「日本の48キロ級はずっと金メダル。私も絶対に金メダルを取りたい」と力強かった。

最終更新:5/9(火) 6:04

スポーツ報知