ここから本文です

よゐこ有野、映画初出演で上機嫌も…主演・松風里咲からチクリ「怖いです」

オリコン 5/8(月) 19:01配信

 お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が8日、都内で行われた女優・松風里咲の主演映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』完成披露プレミアム上映会に出席した。同作で本格的な映画単独初出演を果たした有野は冒頭から「本格的、二枚目俳優を目指しています」と上機嫌であいさつした。

【写真】主演を務める松風里咲

 吉野翠氏の原作をもとにした同作は、松風演じる父を亡くし、銚子の街で母と暮らす地元の女子高生・椎名杏を主人公に、高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベントを軸に電車とともに暮らす地域の人々の心温まる交流を描いたヒューマンドラマ。松風は「初めての主演ということでドキドキしながらクランクインしましたが、みなさん優しく明るい現場でいい意味でリラックスして臨めました」と安堵しながら振り返った。

 また、有野が銚子電鉄の運転士・磯崎を演じたことにちなみ、レギュラー出演する『ゲームセンターCX』(フジテレビCS放送)の企画ゲーム『電車でGO!』にチャレンジする特別映像を上映。しかし、ミスを連発し「お客さんはどうでもいいか!」と、ダメダメ運転士ぶりを露呈させた有野に松風は「ちょっと残念ですね。いつもこんな運転の磯崎さんの電車に乗って通学してると思うとちょっと怖いです」と苦笑しきりだった。
 
 この他、升毅、植田真梨恵が登壇した。

最終更新:5/8(月) 19:14

オリコン