ここから本文です

庭でバーベキュー、男性刺され死亡 近所の男逮捕 瑞浪

岐阜新聞Web 5/8(月) 12:18配信

 7日午後6時30分ごろ、岐阜県瑞浪市陶町大川の会社員大脇正人さん(32)方前の路上で、「2人が刃物で刺された」と110番があった。多治見署員が駆け付けると、大脇さんが男に腹などを包丁のような刃物で刺され、倒れていた。大脇さんは市内の病院に運ばれたが、間もなく死亡した。男を取り押さえる際に男性会社員(42)=同市陶町=が腕などを切りつけられたが、命に別条はないという。
 同署は、近くに住む無職の男(26)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。「刺したのは事実だが、殺意はない」と容疑を否認しているという。同署は、容疑を殺人に切り替えて送検する方針で、詳しい経緯や動機などを調べている。
 署によると、大脇さんは自宅の庭で、家族や知人ら十数人でバーベキューをしていたところ、いきなり刃物を持った男に切りつけられたという。男は大脇さんを刺した後、バーベキューに参加していた男性会社員ら2人に取り押さえられ、署員に引き渡された。
 男は精神疾患で通院歴があり、取り調べでは意味不明な言動もあるという。
 署によると、1年以上前に男と男の家族から家庭内の問題などで署に相談があったといい、署は適切に対応したとしている。
 現場はJR瑞浪駅から南東に約7・5キロ離れた閑静な住宅団地。

岐阜新聞社

最終更新:5/9(火) 17:33

岐阜新聞Web