ここから本文です

ピンクのベアスタ、完封後押し 倖田さん盛り上げ 鳥栖1-0横浜M

佐賀新聞 5/8(月) 17:28配信

 桃色に染まったスタジアムが完封を後押しした。春の大型連休最終日の7日、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで行われたサッカーJ1・サガン鳥栖と横浜Fマリノスとの一戦。サガンピンクの記念ユニホームが来場者全員に配られ、選手たちも同じ姿で躍動した。「勝利の女神」の倖田來未さんも一体感を演出し、鳥栖サポーターは満面の笑みでゴールデンウイークを締めくくった。

 この日は「レディースデー~勝利の女神が翼をさずける」と銘打った特別マッチだった。試合開始前にはサガン鳥栖の公式ソング「Bring It On」を倖田さんが熱唱し、スタジアムはライブ会場さながらに沸き立った。

 試合は前半13分に鎌田大地選手が挙げた先制点を守り抜き、1-0で勝利した。専門学生の北川桃子さん(18)と会社員梅崎葵さん(18)=いずれも佐賀市=は「選手の気迫を感じ、安心して観戦できた。私たちも勝利の女神の一員になれたのかな」とはにかんだ。

 チームは今季のホーム戦5試合で4勝し、強さを見せているが、敵地では白星がない。鳥栖市の久光理さん(75)は「上に行くには取りこぼしてはいけない。次の清水戦は絶対に勝ってもらわないと」と話し、今季初の連勝と上位進出を期待していた。

最終更新:5/8(月) 17:56

佐賀新聞