ここから本文です

福山で同居人を殴り死なせた男逮捕 広島県警など、容疑を否認

山陽新聞デジタル 5/8(月) 20:32配信

 同居人の頭部を殴るなどして死亡させたとして広島県警捜査一課と福山東署は8日、福山市引野町、無職の男(49)を傷害致死の疑いで逮捕した。「私はそんなことはしていません」と否認している。

 逮捕容疑は昨年12月下旬から今年1月26日ごろの間、同所の男性(50)方で男性の頭部を殴るなど暴行し、死亡させた疑い。司法解剖の結果、死因は頭部などの出血による出血性ショックだった。

同署によると容疑者は当時、男性方に同居。同27日に別の知人から同署に通報があり、変死事案として調べていた。2人は3年前に知り合い、昨年12月ごろから同居を始めたとみられる。同署には、過去に男性から金銭トラブルの相談があったという。

 容疑者は、男性方で1月22日に知人男性(49)の頭部や顔面を殴る暴行を加えたとして同署が傷害の疑いで逮捕。広島地検が暴力行為法違反容疑で起訴している。

最終更新:5/9(火) 1:18

山陽新聞デジタル