ここから本文です

元世界1位のナスターゼに全仏オープンへの参加禁止命令 [海外テニス]

THE TENNIS DAILY 5/8(月) 7:30配信

 元世界1位のイリー・ナスターゼ(ルーマニア)に、全仏オープン(フランス・パリ)への参加禁止命令が下された。国際テニス連盟(ITF)による出場停止処分に続き、全仏オープンへの参加を認めないと大会の公式ツイッターでコメントされた。全仏オープンは5月28日から始まる。

ナスターゼがセレナに対するコメントとフェドカップでの悪態について弁明

 70歳のナスターゼは出産予定のセレナの子供の肌の色についてのコメント、さらにはフェドカップ・ワールドグループ2部プレーオフ「ルーマニア対イギリス」(4月22、23日/ルーマニア・コンスタンツァ)の試合中に起こったジョハナ・コンタ(イギリス)、およびイギリス代表監督のイギリス代表監督のアン・ケタボンヌへの悪態で退場処分を受けたことにより、ITFから出場停止の仮処分を受けている。

 1970年代に全仏オープンでシングルスとダブルスの2つのタイトルを獲得しているナスターゼは、ウィンブルドンからも歓迎されていない。今週オールイングランド・クラブのフィリップ・ブルック会長は、過去にウィンブルドン決勝進出を2度経験しているナスターゼをセンターコートのロイヤルボックスに今年は招待しないとコメントしている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo:PARIS - JUNE 08: Former players, Mary Pierce and Ilie Nastase look on during the Men's Singles Final match between Roger Federer of Switzerland and Rafael Nadal of Spain on day fifteen of the French Open at Roland Garros on June 8, 2008 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:5/8(月) 7:30

THE TENNIS DAILY