ここから本文です

【動画解説】黄砂のち雷雨 激しく降る所も

ウェザーマップ 5/8(月) 12:37配信

 大陸からやってきた黄砂が全国各地で観測されていますが、9日(火)は同じ大陸から雨雲が近づいてきます。
西日本の太平洋側では局地的に非常に激しい雨や雷雨になるおそれがあるため、注意が必要です。

 ゴールデンウィーク中は広い範囲で黄砂が飛びましたが、きょう8日も全国的に観測されています。
午後も西日本を中心に黄砂が飛びやすく、見通しが悪くなる所もありますので、車の運転などに注意が必要です。

 そして、9日(火)は大陸から前線が近づくため、西日本では広く雨となりそうです。
特に前線が北へ盛り上がっている所では雨雲が発達しやすく、集中的に激しい雨や雷雨になるおそれがあります。

 沖縄や九州では朝から雨の降り出す所があり、昼頃には広い範囲に雨雲がかかってくるでしょう。その後、雨雲は東へと進み、午後は西日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨や雷雨になる所がありそうです。
落雷や突風、ひょうなどにご注意ください。

 10日(水)には東日本や東北でも天気が崩れる見込みです。
 さらに、沖縄では週末以降も雨マークの日が多く、まもなく梅雨入りの発表となりそうです。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:5/8(月) 12:37

ウェザーマップ