ここから本文です

元少年、上告せず懲役23年が確定 北海道音更町・美容師殺人事件

十勝毎日新聞 電子版 5/8(月) 13:56配信

 北海道音更町で2015年8月、同じアパートに住む女性美容師=当時(31)=を刺殺して殺人や現住建造物等放火などの罪に問われ、釧路地裁で懲役23年(求刑懲役30年)、札幌高裁で控訴棄却の判決を受けた元会社員(20)=逮捕時は19歳少年=は、上告期限である今月2日までに上告せず、懲役23年の刑が確定した。

 刑の確定を受け、美容師の父親(64)は「控訴すること自体もあり得ないと思っていた。時間はかかったが、一段落はした。とんでもない人に会ったな、とんでもない目に遭ったなと(仏壇に)毎日語りかけている。今後は民事での損害賠償を考えている。被告が出て来る頃には自分たちはいない。今のうちにできることをしたいと思っている。どうしようもない気持ちは事件が起きた時から変わっていない」と話した。

 判決によると、被告は15年8月3日朝、アパートの自室真下の1階に住んでいた美容師の無施錠の部屋に侵入し、美容師の顔や首などを包丁で複数回刺して殺害。ライターでキッチンペーパーに火を放ち、床などを焼くとともに、遺体の一部を焼損させた。

十勝毎日新聞

最終更新:5/8(月) 13:56

十勝毎日新聞 電子版