ここから本文です

森林の再生を目指して

テレビ高知 5/8(月) 19:19配信

テレビ高知

高知工科大学と高知県などが、森林の再生を目的として結んでいる協定を更新しました。森林の持つ力を引き出し、地域資源の価値を高める取り組みが進められています。

高知工科大学は、平成20年からキャンパスがある香美市の森林整備などを行う協定を県や香美市、大学後援会と結んでいます。きょう締結された第四期の協定は平成32年3月末までのおよそ3年間が対象で、物部森林組合が新たに加わりました。協定にもとづいて大学では、“間伐”が森林の保護や二酸化炭素の削減に必要であることを、学生に伐採の体験を通して知ってもらう活動などをしています。

森林率が88パーセントの香美市は、「森林はまだまだ管理が行き届いていない状況なので、整備を進めて森林の優れた機能・恩恵を広く発信していきたい」と話していました。

最終更新:5/8(月) 19:19

テレビ高知