ここから本文です

西武・中村、意地の岸撃ち“場外弾”清原超え916打点 大ブーイングでも冷静な元エース…打線打ち崩せず

西日本スポーツ 5/8(月) 6:49配信

■西武借金「2」

 元エースに主砲の意地を見せつけた。3点を追う7回。岸の149キロ直球を完璧に捉えた中村の打球は、バックスクリーン左から通路を抜けていく“場外弾”の9号ソロとなった。メヒアも2者連続アーチの5号ソロで続いたが、あと1点が届かず借金は今季最多タイの2となった。

【写真】侍ジャパンの西武・秋山を激励する秋山幸二氏

 故郷の球団へ移籍した右腕との初対戦。「楽しみにしていた」という中村は2安打したが、大ブーイングが起きる中でもチェンジアップを巧みに操る岸の冷静な投球に打線が抑えられた。貫禄の一発を放った主砲は清原和博氏と並んでいた球団最多の通算打点を916に更新。本塁打はリーグトップタイでも空砲では笑えるはずがない。

 3年連続Bクラスから抜け出すためには今後も避けて通れない相手。中村は「次こそは、という感じ」と力を込め、メヒアも「また対戦があるので打ちたい」と意気込んだ。チームは4カード連続勝ち越しなしで、その間わずか2勝。4月から一転、苦しい戦いが続く辻監督は「いい試合というだけでなく、勝負ごとなので勝たないと」と気を引き締めた。

=2017/05/08付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:5/8(月) 6:57

西日本スポーツ