ここから本文です

踏切で転倒 91歳男性が電車にはねられ死亡

TOKYO MX 5/8(月) 22:40配信

TOKYO MX

 8日朝早く、東京・墨田区の京成押上線の踏切で91歳の男性が電車にはねられ、死亡しました。

 死亡したのは墨田区に住む無職の中島清さん(91)です。警視庁によりますと、中島さんは午前6時ごろ、押上駅と曳舟駅の間にある踏切を1人で渡っていたところ、突然、前のめりに倒れました。近くの防犯カメラにはその様子が写っていて、中島さんはその後立ち上がることができず、約1分後に来た電車にはねられ、死亡しました。運転士は「非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。

 警視庁は中島さんが転倒した原因や事故の詳しい状況を調べています。京成電鉄によりますと、この事故で上下合わせて6本の電車が遅れ、約2000人に影響が出たということです。

最終更新:5/8(月) 22:40

TOKYO MX