ここから本文です

ジョージ・クルーニーとアマル・クルーニー、犬のために寄付

ELLE ONLINE 5/8(月) 21:40配信

ジョージ・クルーニーとアマル・クルーニーが寄付をしたのはカリフォルニアで活動している「キャンプ・コッカー・レスキュー」。1万ドル(約110万円)の寄付を約束したことをこの団体が公表した。

【写真】幸せいっぱい!ジョージ&アマル・クルーニーの三年愛をプレイバック

最近9頭の犬を一度に保護、医療費などにお金がかかるため寄付を募っていたこの団体。でも通常、寄付は1口あたり5ドルから25ドルくらいで目標額に達成するのに苦労しているという。だからこのジョージとアマルの寄付にびっくり! 

団体の関係者はFacebookに「1万ドルものお金が寄付されて私たちがどんなにびっくりしたか想像してください」とアップ。 ジョージとアマルは単に寄付を約束するだけでなく、5月いっぱい、寄付金が目標額の1万ドルに達するまで、普通の人から寄せられた寄付を倍にすると申し出たという。関係者曰く「目標額を達成するために、2人の名前を支援者に公表していいかと頼みました。2人は寛大にも名前を明らかにすることを許してくれました。ジョージとアマル、この信じられないような寄付をしてくれたことに感謝しています」。

財力だけでなく知名度や影響力も上手に生かすのが真のセレブ。ただ100万円を出すのではなく、みんなの関心を集めニュースになりそうな方法を取るあたり、さすがクルーニー夫妻!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5/8(月) 21:40

ELLE ONLINE