ここから本文です

『破裏拳ポリマー』公開記念映画祭『東京特撮&アクションフィルムフェスティバル』開催!

5/8(月) 15:00配信

ぴあ映画生活

『ガッチャマン』、『キャシャーン』、『タイムボカン』シリーズでおなじみのタツノコプロ。数ある人気キャラクターの中でも、肉弾アクションが話題を呼んだ異端のヒーロー『破裏拳ポリマー』が、タツノコプロ55周年を記念して実写映画化される。特撮ヒーロー×カンフーという2大アクション要素を併せ持つ本作の5月13日(土)全国公開に先駆けて、5月7日に角川シネマ新宿にて、アクション好きのアクション好きによるアクション好きの為の映画祭『東京特撮&アクションフィルムフェスティバル』(Tokyo TOkusatsu Film Festival:TOFF)が開催された。

『破裏拳ポリマー』フォトギャラリー

映画祭は、『破裏拳ポリマー』の監督を務めた坂本浩一をテーマに、ゆかりのあるアクション映画2本の上映&トークイベントが催された。1本目は、坂本監督の特撮ヒーロー映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』(主演:桐山漣、菅田将暉)。そして、2本目は若き坂本浩一のアクション魂に火をつけたカンフーアクション映画の傑作『ドランク・モンキー/酔拳』(主演:ジャッキー・チェン)。特撮&アクションファンにはたまらないラインナップで会場は大いに盛り上がった。

『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』の上映後には、坂本監督と『破裏拳ポリマー』にも出演している出合正幸、人見早苗が登壇し、トークを披露。坂本監督は「この作品のバイクアクションではクレーンを3台使いました。CGの良いところと実際の映像の良いところの両方を使って撮りたかったので、テイク数を何回か繰り返して派手に見せました」と、アクションへのこだわりを語った。「戦隊もの、ウルトラマン、仮面ライダーといろんなところで地球の平和を守っています」とユーモアをまじえたトークに会場からは笑い声と拍手が巻き起こる。

また、客席を興奮させたのが、初お披露目となった“『破裏拳ポリマー』マル秘特別映像”。坂本監督おなじみの綺麗な女優特集映像が流れると、観客は大爆笑。「原(幹恵)さんは胸のあたりがモリモリで、現場の誰もがデレデレでした。私も見ないようにすることに必死でした(笑)。女性を綺麗に撮ってくださる監督です」(人見)、「女性を撮る時のこだわり方が半端なくて、男を撮る時とのカット数も倍近くかかっています」(出合)と、ふたりが現場の様子を激白すると、坂本監督は「男性も女性も同じだけ愛情を込めて撮ってますよ」と笑いながら弁解するシーンも。

さらに、2本目の『ドランク・モンキー/酔拳』の上映後には、『破裏拳ポリマー』と『ドランク・モンキー/酔拳』の共通点についてトーク。「『破裏拳ポリマー』はあえて1970年代~80年代の昭和チックな雰囲気を出しており、『破裏拳ポリマー』のアニメを見ていた人が楽しめるような雰囲気を出しました。場所も、ちょっと懐かしい感じのする無国籍感を意識し、ジャッキー・チェンのカンフーと仮面ライダーの特撮を盛り込んだ作品になりました」と本作への自信をのぞかせた。

「僕も演者さんにどういったアクションをやってもらうか話すときに、出来るだけ自分でやって見せてから始めるというようにしています。その時にたるんだ体では示しがつかないので『破裏拳ポリマー』の撮影のときはトレーニングをしました」という坂本監督。トークのみならず、登壇者3名によるアクションの実演も飛び出す、見応え充分のイベントになった。

『破裏拳ポリマー』
5月13日(土)より全国公開

最終更新:5/8(月) 15:00
ぴあ映画生活