ここから本文です

世界の飲料・食品ブランドを支配する10大企業

5/8(月) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

世界のほぼ全ての大手食品および飲料ブランドは、たった10社の企業に支配されている。

その10社とはネスレ、ペプシコ、コカ・コーラ、ユニリーバ、ダノン、ゼネラル・ミルズ、ケロッグ、マーズ、アソシエイテッド・ ブリティッシュ・フーズ、そしてモンデリーズ・インターナショナルだ。これらの企業は何千人も雇用し、毎年何百億ドルもの売り上げを上げている。

非政府組織(NGO)のオックスファムは、消費者が日ごろ利用しているブランドがどの企業に属しているのかを一目で分かるように、インフォグラフィックを作成した。

私たちが日常的に使う製品やブランドを傘下に従えている10企業を簡潔に紹介する。

ケロッグ

2016年度の売上高:130億ドル(約1兆4500万円)

「フルーツループ」や「コーンフロスティ」といったシリアルだけでなく、「プリングルズ」やスナック菓子の「チーズイット」やワッフルの「エッゴー」なども アメリカの食品大手ケロッグの傘下にある。

アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ

2016年度の売上高: 168億ドル

この英国企業は「ドーセットシリアル」や紅茶の「トワイニング」だけでなく、衣料小売りの「プライマーク」なども所有している。

ゼネラル・ミルズ

2016年度の売上高: 166億ドル

米食品大手 ゼネラル・ミルズは「チェリオ」や「チェックス」といったシリアルで有名だ。

同社はほかにも、ヨーグルトの「ヨ―プレイ」、インスタントパスタなどで知られる「ハンバーガーヘルパー」、「ハーゲンダッツ」やパンケーキミックスの「ベティ・クロッカー」などを所有している。

ダノン

2016年度の売上高: 237億ドル

「アクティバ」や「ヨークランチ」や「オイコス」などのヨーグルトで有名な仏食品大手のダノンは、医療用栄養食品やミネラルウォーターなども販売している。

モンデリーズ・インターナショナル

2016年度の売上高: 259億ドル

米食品・飲料会社モンデリーズ・インターナショナルは、「オレオ」や「トライデントガム」、グミの「サワーパッチキッズ」など菓子を中心として販売している。

1/2ページ