ここから本文です

ソニー初の有機ELブラビア「A1」55型で50万円から! 液晶モデルも

Stereo Sound ONLINE 5/8(月) 16:00配信

77インチの有機ELテレビは2017年秋登場予定

 ソニーから、4Kブラビア5シリーズ13モデルが一挙に発表された。ラインナップと発売日、想定市場価格は以下の通り。

【A1シリーズ】6月10日発売
●KJ-65A1(65インチ):想定市場価格80万円前後
●KJ-55A1(55インチ):想定市場価格50万円前後

【X9500Eシリーズ】6月10日発売
●KJ-65X9500E(65インチ):想定市場価格55万円前後
●KJ-55X9500E(55インチ):想定市場価格40万円前後

【X9000Eシリーズ】6月10日発売
●KJ-65X9000E(65インチ):想定市場価格44万円前後
●KJ-55X9000E(55インチ):想定市場価格32万円前後
●KJ-49X9000E(49インチ):想定市場価格24万円前後

【X8500Eシリーズ】6月10日発売
●KJ-75X8500E(75インチ):想定市場価格60万円前後
●KJ-65X8500E(65インチ):想定市場価格37万円前後
●KJ-55X8500E(55インチ):想定市場価格28万円前後

【X8000Eシリーズ】6月24日発売
●KJ-49X8000E(49インチ):想定市場価格21万円前後
●KJ-43X8000E(43インチ):想定市場価格17万円前後

 本記事では「A1」、「X9500E」シリーズを中心に紹介する。

 ソニー初、そして待望の大型有機ELテレビがA1シリーズだ。今年1月に開催された「CES 2017」でお披露目されたので、首を長くして登場を待っていた方が多いのではないだろうか。

 映像エンジンは、同社4K液晶テレビのフラッグシップZ9Dシリーズに搭載するエンジンをベースに、有機ELパネルの特性に最適化した「X1 Extreme」を用いる。これにより、有機EL特有の漆黒とコントラスト表現で映像に没入できるという。

 従来のスピーカーに代わり、テレビ画面そのものから音が出る「アコースティックサーフェス」を採用したのも本機の大きな特徴。これは、画面表面のガラスを本体背面に左右各2基ずつ搭載した発振器(アクチュエーター)で振動させ、音を発するというもの。低域はスタンド部に内蔵したサブウーファーが担当する。

 デザインは、映像だけが浮かんで見えるように、背面から画面を支えるフォトスタンドのようなスタイルを採用し、垂直から5度上を向くよう傾斜が付けられている。

 また、今回発表された65インチ、55インチに加え、77インチの大型モデルも準備中。発売は2017年秋以降を予定している。

 ソニーでは、A1シリーズと昨年登場した液晶4Kブラビア最上位機「Z9D」シリーズ(継続販売中)を、ブラビアのツートップとして据える構えだ。

1/2ページ

最終更新:5/8(月) 16:00

Stereo Sound ONLINE