ここから本文です

九州新幹線・熊本~鹿児島中央間のGW利用者は前年のほぼ倍に 全国では9%増

乗りものニュース 5/8(月) 16:04配信

九州新幹線の博多~熊本間も33%増

 JRグループは2017年5月8日(月)、ゴールデンウィーク期間(4月28日~5月7日)における利用状況を発表しました。

【写真】ネモフィラで丘一面が淡い青色に

 対象の10日間に新幹線、特急列車などを利用した人は、前年同時期より9%増の1133万1000人でした。とりわけ九州新幹線の熊本~鹿児島中央間は、前年比87%増の16万6000人が利用。熊本地震の影響による減便ダイヤだった2016年のゴールデンウィークと比べ、ほぼ倍の利用がありました。なお、九州新幹線の博多~熊本間も33%増(32万3000人利用)を記録しています。

 このほか利用の増加が目立った新幹線や特急列車は、秋田新幹線(盛岡~田沢湖)が前年比17%増(8万1000人)、常磐線の特急「ひたち」「ときわ」が20%増(30万1000人)、特急「成田エクスプレス」が15%増(14万9000人)、関西特急「はるか」(日根野~関西空港)が19%増(8万3000人)。一方、2度目のゴールデンウィークを迎えた北海道新幹線は、前年比14%減(8万6400人)でした。

 近距離きっぷの発売枚数(ICカードの自動改札利用数を含む)は、音楽イベント会場に近いさいたま新都心駅が前年比75%増の30万1000枚、蘇我駅(千葉市中央区)が35%増の11万8000枚、青い花ネモフィラが見ごろを迎えたひたち海浜公園への玄関口、勝田駅(茨城県ひたちなか市)が48%増の6万1000枚でした。

 利用のピークは、下り(行き)が5月3日(水)、上り(帰り)が5月7日(日)。ただしJR東海の在来線特急は上りピークが5月5日(金)でした。

乗りものニュース編集部

最終更新:5/8(月) 16:18

乗りものニュース