ここから本文です

生誕1300年記念 「大伴家持文学賞」(仮称)新設へ/富山

5/8(月) 20:09配信

チューリップテレビ

 富山ゆかりの万葉歌人・大伴家持が今年生誕1300年を迎えることを記念して、県は、優れた詩人を顕彰する『大伴家持文学賞』(仮称)を新たに創設する方針です。

 これは、8日開かれた大伴家持生誕1300年記念事業について検討するする会議で県が明らかにしたものです。
 『大伴家持文学賞』(仮称)は世界のすぐれた詩人の業績を顕彰し、万葉集に親しみを持ってもらおうと、県が新たに創設します。
 この文学賞は、原則、詩や和歌について業績がある40歳未満の富山県ゆかりの作家を選考します。
 募集は、今年6月から12月まで受け付け、選考委員会による審査を経て、選考結果は来年6月に公表されます。
 選ばれた作家には、メダルと、副賞の100万円が贈られます。

チューリップテレビ