ここから本文です

岩手・久慈でトタン屋根落下 青森、岩手県北の各地で強風

デーリー東北新聞社 5/8(月) 22:50配信

 青森、岩手両県内は8日、西寄りの強い風が吹いた。久慈で午前10時34分に5月の観測史上トップとなる最大瞬間風速27・8メートルを記録したほか、八戸では午前8時46分に今年最高となる同31・1メートルを観測した。

 久慈市中心街では、今年3月に火災で延焼した住宅のトタン屋根(約60平方メートル)が強風にあおられて落下するなどの被害があった。

 交通も乱れた。三陸鉄道によると、北リアス線(久慈―宮古間)は久慈―普代間の上下3本が運休、上下9本に最大約3時間の遅れが生じた。

 JR東日本青森支店によると、八戸線の八戸―久慈間で上下2本が運休した。

デーリー東北新聞社

最終更新:5/8(月) 22:50

デーリー東北新聞社