ここから本文です

アグエロは“ベンチ降格”なのか 80億円で引き抜きを目論むのはまさかの……

5/8(月) 11:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ジェズスの復帰で立場が微妙に

今季のプレミアリーグで18得点を挙げているセルヒオ・アグエロ(現マンチェスター・シティ)。しかし、1月にカブリエウ・ジェズスが正式加入してからはベンチスタートの機会が増え、これまで築き上げてきたレギュラーとしての地位が脅かされつつあった。同リーグ第25節ボーンマス戦でジェズスが負傷離脱してからは先発に返り咲き、持ち前の決定力の高さを見せつけて得点を量産した同選手だが、同リーグ第36節クリスタル・パレス戦では再びジェズスに先発の座を譲っている。こうした状況のなか、同選手に新たな移籍の噂が浮上した。

マンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得を検討していると、英『THE Sun』が伝えている。同紙によると、負傷離脱中のズラタン・イブラヒモビッチに代わる前線の核を据え置きたいマンチェスター・ユナイテッドが、アグエロの獲得にむけて5500万ポンド(約80億円)を捻出する構えを見せていると報じられている。

ジェズスにポジションを譲っているとはいえ、巧みなフリーランニングや高い決定力は健在のアグエロ。現時点のチーム内の序列や28歳という年齢を考慮すると、キャリアの岐路に立たされていると言っても過言ではない同選手だが、どのような決断を下すのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/