ここから本文です

マラドーナ、UAEのアル・フジャイラ監督に就任「これこそ私の新たなカラーだ」

5/8(月) 13:38配信

theWORLD(ザ・ワールド)

SNSでもUAE行きを報告

かつてアルゼンチン代表として異次元のプレイを連発していたディエゴ・マラドーナ氏が7日、アラブ首長国連邦のアル・フジャイラへ就任したことを発表している。

現在56歳のマラドーナ氏は現役時代にボカ・ジュニアーズやバルセロナ、ナポリ、そしてセビージャといった名門を渡り歩くと、1997年に現役を引退。その後は指導者としてのキャリアをスタートさせ、2010年の南アフリカW杯では母国のアルゼンチン代表を指揮し、リオネル・メッシやカルロス・テベス、ゴンサロ・イグアインといった豪華な後輩たちを従え、魅力的なアタッキングユニットを構成していた。

彼は今回のアル・フジャイラ行きに際し、自身のSNS上に同クラブの“10番”ユニフォームを写した画像を掲載。「このシャツこそ、私の新たなカラーだ」といったコメントも投稿し、今後のチャレンジに向けた期待感を示している。果たして多くの勝利と喝采を呼び込んできたカリスマは、UAEの地で再び成功を収めることができるだろうか。彼の奮闘に期待だ。

http://www.theworldmagazine.jp