ここから本文です

イニエスタが自身の去就に言及「“普通ではないこと”を考慮はしない」

5/8(月) 15:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

誰もが頼りにする偉大な主将

スペインのバルセロナでキャプテンを務めるアンドレス・イニエスタが、クラブとの契約延長について言及している。

バルセロナとの契約が2018年で満了を迎える32歳のベテランは、クラブとの新契約に向けた交渉を今夏まで行わないと明言しており、これがイニエスタの移籍説を大いに加速させるキッカケとなっていた。だが、本人は自身の去就に関して次のように話し、冷静さを保っている。スペイン紙『MARCA』を含む複数メディアがイニエスタの言葉を伝えた。

「人々が僕の契約延長に関して過度な心配をしているとは思わないよ。今季はいつもとは違うシーズンだったし、僕自身も怪我があって不運な1年だったね。安定感も無かったと思う。でも僕はまだ最高峰の舞台でプレイを続けることが可能だと信じてる」

イニエスタにとって、他クラブでの挑戦は視野に無いのかもしれない。

「僕とバルセロナの契約はまだもう1年残っているし、“普通ではないこと”を考えてはいないよ。通常通りであれば、僕はここで続けることになる」

http://www.theworldmagazine.jp