ここから本文です

“世界的名将”コンテ、次なるクラブは世界最強チーム? 早くも移籍の可能性浮上

5/8(月) 16:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ロシアの名将が代役に?

今季プレミアリーグへ参戦したばかりのアントニオ・コンテ監督に対し、スペインの名門バルセロナが熱視線を送っているようだ。

今季限りでルイス・エンリケ監督の勇退が決まっているバルサの後任候補としては、ロナルド・クーマンやホルヘ・サンパオリ、ローラン・ブランといった錚々たる顔触れが挙がってきたが、そこへチェルシーのイタリア人指揮官も加わったと英紙『Express』が報道。曰く、プレミアリーグ初年度からチェルシーへ新システムをもたらし、圧巻のパフォーマンスで強豪クラブを蹴散らすコンテの手腕にバルセロナが興味を示しており、有力な次期監督候補としてリストアップしたという。

コンテ監督を巡ってはイタリアのインテルを含む複数クラブが招聘を狙っているとされ、その人気は右肩上がり。また、仮にこの闘将を引き抜かれた場合、チェルシーは元CSKAモスクワ指揮官のレオニド・スルツキを新監督として招く可能性があるようだ。

今季のプレミアリーグ34試合を消化し、勝ち点81で首位を独走しているチェルシー。生まれ変わったばかりの好調チームは早くもボスを入れ替えなければならないのだろうか。今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp