ここから本文です

モウリーニョもファン・ハール見習うべき? A・サンチェス封じた19歳DFにサポーターも高評価

5/8(月) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

若手がビッグゲームで活躍

やはりマンチェスター・ユナイテッドはどんどん若手にチャンスを与えていくべきなのではないだろうか。

A・サンチェスの夢はアーセナルで叶うか!?

マンUを率いるジョゼ・モウリーニョは7日のアーセナル戦で、怪我人が多いことやヨーロッパリーグが控えていることもあって一部メンバーを落として臨んだ。結果は0-2の惨敗だったが、サポーターから唯一ポジティブだったと評価されているのが右サイドバックで出場したアクセル・トゥアンゼベだ。

クラブのユース出身で19歳のトゥアンゼベは、プレミアリーグを代表するアタッカーであるアレクシス・サンチェスを見事に封じ込んでみせた。英『Squawka』によると、トゥアンゼベはこの試合で決めたタックルの数は4つ。これはこの試合最多の数字で、2失点した守備陣の中でも信頼できる選手だったと言える。

SNS上ではサポーターもトゥアンゼベについて、「トゥアンゼベは完璧だった」、「弱点になるかと思ったが、トゥアンゼベはサンチェスを上手く抑えた」、「モウリーニョはトゥアンゼベとバイリーをセンターバックにすべきだ」などとコメントしており、サンチェス相手の好パフォーマンスが高い評価を得ている。トゥアンゼベはセンターバックをこなす選手でもあるため、バイリーとのコンビも今後の面白いオプションとなるだろう。

昨季までチームを率いたルイ・ファン・ハールは積極的に若手を試し、それがマーカス・ラッシュフォードやジェシー・リンガードらのブレイクに繋がったところもある。トゥアンゼベもまだ19歳で、モウリーニョもファン・ハールのように若手を積極的に試してもいいはずだ。

今夏に大型補強を展開する場合はトゥアンゼベのような若手のチャンスがさらに減るはずだが、マンUはこうした若きタレントを育てていけるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合