ここから本文です

インテルはメンタルが弱すぎる!? 「ファンへ謝罪したい」と語ったメデルが不調について言及

5/8(月) 20:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

イカルディもメンタルの弱さを以前指摘していたが……

インテルに所属するチリ代表MFガリー・メデルが、クラブの不調などについて言及している。

7日に行われたセリエA第35節ジェノア戦で0-1の敗戦を喫し、7戦連続で白星から遠ざかる結果となったインテル。この一戦でCBとしてスタメンに名を連ね、フル出場を果たしたメデルはインタビューで「僕たちは困難な状況が続いている。チームメイト全員で抜け出そうと頑張っているんだけどね」と話し、敗戦の悔しさをにじませた。クラブの公式サイトなどが伝えている。

さらに「僕らの問題点は、技術面やフィジカル面ではない。おそらくメンタル的な問題だ。自力でヨーロッパリーグの出場権を獲得することは厳しいかもしれないけど、ホームで行われる(次節)サッスオーロ戦で何としても勝ち点3ポイントを獲得したい。残りのすべての試合をものにしたいんだ」と述べた上で「インテルは偉大なチームだし、このような状況に居続けるべきではない。ファンのみんながとても失望しているのも理解できるし、謝罪したいよ。最近の試合で僕たちは、足が地についていない状態だから精神的にも難しいけど、インテル本来の力を証明するためにハードワークしていかなければならない」ともコメントした。

チームの主将を務めるマウロ・イカルディも以前「一度崩れるとなかなか立て直すことができない」と述べるなど、メンタル面の弱さを指摘していた。今回もなかなか現状を打破することができないインテルだが、次節サッスオーロ戦で浮上のきっかけをつかむことができるのだろうか。来季のためにも、残り3試合となったセリエAで真価が問われる。

http://www.theworldmagazine.jp/